歯列矯正で抜歯が必要とする理由

歯列矯正で抜歯が必要とする理由

歯と顎のバランスを良いものとするためには、必要な行為となります。

歯列矯正を行うにあたって、あまりにも狭いあごであり、そこに歯が行儀よく並ぶことができないと、その部分に存在する歯は八重歯になることもありますし、歯並びもガタガタとなりやすいです。

あごが狭い人の場合は、美しく歯を並べるために、そこに存在する歯を、強制的に少なくする必要があります。

表参道の矯正の情報探しはこのサイトから初めてください。

本数を減らすということは、抜歯を行うということになります。

歯を抜いてしまうことで、歯とあごのバランスを整えて、歯はキレイに並びます。
歯を抜くのは、歯があごが変に飛び出さないようにするためでもあります。



あごを広げるということで、歯を抜くのを避けるケースもあります。

ただ限界を通り越した広げ方では、骨の外にはが出るので、治療を終わったあとに歯に揺れを感じたりすることがあります。ほかにも歯の根っこの神経が死ぬことも考えられます。無理やりあごを広げないで、歯の根が正しく骨のポジションにくるよう、歯を抜いてから移動をさせることです。
抜歯は最も奥にある歯が、きちんと並ぶようにするためでもあります。

歯は歯列矯正という治療を受けることができますが、無理やり並べようとすると、奥の歯に負担があらわれることがあります。


最も奥に存在する第2大臼歯が、まっすぐではなく斜めになることがあります。

Yahoo!知恵袋についての意見を伺いました。

歯の中でも2番目にサイズの大きさがあるのが、第2大臼歯になります。

人が噛むための、かみ合わせについて重要でもあります。
ですから第2大臼歯は、まっすぐに並ぶことができるよう、それ以外の歯を歯列矯正で抜くことになります。

Copyright (C) 2016 歯列矯正で抜歯が必要とする理由 All Rights Reserved.