予防歯科とセルフケアとフッ素

予防歯科とセルフケアとフッ素

予防歯科では自宅でのセルフケアも実践することになります。
歯科医院での予防歯科では、患者さんに正しい歯磨き指導やケア方法を伝授してくれます。

表参道の予防歯科の情報ならお任せください。

歯科医院で知識をつけたら、自宅に帰ってからホームケアとしての要望歯科のスタートです。セルフケアでする1つに、フッ素を利用売る方法があります。

フッ素は歯の健やかさを守るための成分です。


自然界に存在する元素の1つであり、飲むお茶などにも少しだけ含まれます。
フッ素は骨を作るためにも、必ず必要な役割があって、それは口腔内のムシ歯予防にも作用します。

goo ニュースならこちらのサイトがオススメです。

フッ素の働きとして、エナメル質の修復も促します。酸によって溶け出したリンやカルシウムの再石灰化を促します。

歯の質自体を強くします。

歯の表面にはエナメル質がありますが、酸によって溶けやすいのを防ぎます。

虫歯を引き起こしているのは最近であり、フッ素によって最近の働きを弱めることになります。



ですから、酸が口腔内でつくられるのを抑えることにもなります。


予防歯科は、プロの歯科医たちのアドバイスを、しっかりと守っていくのも大切です。
フッ素でのホームケアの実践のポイントは、なるべく長く口内に残すことです。

ハミガキ剤にもフッ素は含まれますが、歯のブラッシングだけではなく、ブラッシングを終わったあとも口内に残って、徐々に作用します。食事を食べるたびに、脱灰は毎回のように起こります。


虫歯ができないよう予防をするためには、口内にフッ素を存在させて、再石灰化を促進させるのが理想的です。

ですかあ口内に、なるべく長くフッ素を残すようにすることです。

Copyright (C) 2016 予防歯科とセルフケアとフッ素 All Rights Reserved.